【t検定】t分布表

データ分析,統計学

信頼区間を算出するためのt分布表です。

確率95%と確率99%のt分布表

記載されていない自由度の場合近似値で問題ありません。
300以上の大きな自由度であれば∞の値を使用してください。

自由度 確率95% 確率99%
1 12.706 63.657
2 4.303 9.925
3 3.182 5.841
4 2.776 4.604
5 2.571 4.032
6 2.447 3.707
7 2.365 3.499
8 2.306 3.355
9 2.262 3.250
10 2.228 3.169
11 2.201 3.106
12 2.179 3.055
13 2.160 3.012
14 2.145 2.977
15 2.131 2.947
16 2.120 2.921
17 2.110 2.898
18 2.101 2.878
19 2.093 2.861
20 2.086 2.845
21 2.080 2.831
22 2.074 2.819
23 2.069 2.807
24 2.064 2.797
25 2.060 2.787
26 2.056 2.779
27 2.052 2.771
28 2.048 2.763
29 2.045 2.756
30 2.042 2.750
40 2.021 2.704
50 2.009 2.678
60 2.000 2.660
70 1.994 2.648
80 1.990 2.639
90 1.987 2.632
100 1.984 2.626
110 1.982 2.621
120 1.980 2.617
130 1.978 2.614
140 1.977 2.611
150 1.976 2.609
160 1.975 2.607
170 1.974 2.605
180 1.973 2.603
190 1.973 2.602
200 1.972 2.601
210 1.971 2.599
220 1.971 2.598
230 1.970 2.597
240 1.970 2.596
250 1.969 2.596
1.960 2.576

参考書

初心者向けで検定や用語のイメージがつかみやすかった書籍です。