【VBA】繰り返し処理

Excel,VBA

VBAでよく使用する繰り返し処理です。

記載内容 ①セルに入力がある範囲での繰り返し
②設定値に達するまでの繰り返し
③指定範囲内での繰り返し

①セルに入力がある範囲で処理を繰り返す

Do - While

Sheet1のセルA1から下方向に、セルが未入力になるまでメッセージボックスに値を表示します。

Sub Repeat1()

    Dim i As Long

    i = 1

    Do While Sheets("Sheet1").Cells(i, 1) <> ""
        MsgBox (Sheets("Sheet1").Cells(i, 1))
        i = i + 1
    Loop

End Sub

②設定値に達するまで処理を繰り返す

Do - Until

変数が5より大きくなるまで繰り返します。

Sub Repeat2()

    Dim i As Long

    i = 1

    Do
        MsgBox i
        i = i + 1
    Loop Until i > 5

End Sub

【実行結果】メッセージボックスに以下の値が表示されます。

1
2
3
4
5

③指定範囲の中で処理を繰り返す

For - Next

変数に1ずつ足し、変数が3から5の間メッセージボックスに表示します。

Sub Repeat3()

    Dim i As Long

    For i = 3 To 5
        MsgBox i
    Next

End Sub

【実行結果】メッセージボックスに以下の値が表示されます。

3
4
5

参考書

Excel,VBA

Posted by junichi